スズキハウス公式ブログ
私たちの家づくりの思いやこだわり、施工事例やお客さまの声などなど・・・
皆さまに楽しみながら読んでいただけるよう、スズキハウスの魅力を公式ブログでお伝えします♪
株式会社スズキビジネス 住宅事業部
〒431-0201
浜松市西区篠原町21339(しのはらプラザ3F)
今更聞けない家づくりのキホン「リビング階段?ホール階段?あなたはどっち」

2階建の家を建てようと思ったとき。「階段をどう作るか」によって住まいの動線は大きく変わります。
階段をどこに作るかは、人それぞれ。今日は、ライフスタイルにあった階段の作り方について詳しく解説しましょう!
 
 

 
 
▲▲階段の位置色々♪▲▲
 
階段の配置は、大きく分けてリビング空間に階段を配置する“リビング階段”と、玄関ホールや廊下に階段をつくる“独立階段”、2つのタイプに分けられます。
 
リビング階段は、リビングを通らないと2階に上がれない間取りで、家族のコミュニケーションを重視したい方に向いていると言われています。
また、ホール階段(独立式階段)は、リビングを通らずに直接2階に上がれるため、プライバシーを重視したいご家庭にぴったり。
 
リビング階段とホール階段のいいとこ取りプランとして、リビングに入ってすぐの場所に階段を配置するケースもあります。
 

 
 
▲▲リビング階段のいいところ♪▲▲
 
建売分譲住宅でも、多く目にするリビング階段。
2階の子供部屋に行くには必ずリビングを通らなければならないため、親が子どもを自然と見守れる環境に。子どもの友達づきあいを把握しておけるので、親としては安心ですよね。
 
また、「ただいま!」「おかえり」とお互いの顔を見て声をかけあえるのもいいところです。
 

 
 
 
リビング空間をかっこよくデザインする際にも、リビング階段は大活躍!
空間に変化や遊び心を加えられるので、個性的な住まいを作りたい方にオススメです。
 
 

 
▲▲独立階段のいいところ▲▲

 
独立階段は、リビングを通らなくても2階に上がれるため、家族それぞれのプライバシーを大切にしたいご家庭にぴったり。
 
また、夜勤があるなど家族で生活リズムが異なる場合、リビングを通らなくても出勤・通学できる動線を確保しておくと便利です。
 

 
▲▲考えておきたいポイントは?▲▲
 
リビング階段も独立階段も、それぞれいいところは色々。
 
中には、リビング階段はかっこいいけれど「彼女が遊びにきたときに家族に見られるのが恥ずかしかった…」なんて経験があって、独立階段を選んだパパもいるのだとか…。
 
ぜひ、ご家族のライフスタイルにあった階段プランを考えてみてくださいね!

2019/06/11