スズキハウス公式ブログ
私たちの家づくりの思いやこだわり、施工事例やお客さまの声などなど・・・
皆さまに楽しみながら読んでいただけるよう、スズキハウスの魅力を公式ブログでお伝えします♪
株式会社スズキビジネス 住宅事業部
〒431-0201
浜松市西区篠原町21339(しのはらプラザ3F)
2×4住宅ができるまで〜スズキハウス契約の躯体工場レポ②〜

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

6月18日に発生いたしました大阪北部を震源とする地震により、
被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


普段はなかなか見られない2×4住宅のフレームが作られる、
スズキハウス契約の躯体工場からのレポート♪

後半となる今回は、枠組みが組み立てられていく2×4専門の職人(フレーマー)さんの
仕事をじっくり拝見!
大人の社会科見学(!?)のスタートです。



▼前回レポートはこちら▼
前回( http://www.suzuki-business.co.jp/post/SUZUKIHOUSE/house2/43/)

木造枠組壁工法とも呼ばれる2×4工法のいちばんの特徴は、
あらかじめ2×4インチ(5.08×10.16cm)の
角材で作ったフレームや
その枠に合板を貼り付けたパーツを現場で組み立てていく点です。

最近では2×6インチの2×6工法も多くなっていますが、
2×4工法と2×6工法は建材のサイズ以外は
考え方は同じです(^^)
現場でスムーズに組み立てていくためには、工場で正確に、しっかりと
フレームを作る必要があります。

例えば屋根部分のフレームは、両端の角度がとても大切。
少しでも角度が違えば屋根が現場で組めなくなってしまいます。

また、壁はあらかじめ決まっている窓やドアも現場で作るため、図面が大切!




しかも、現場で上棟しやすいように、どの順番でトラックに載せて運ぶのか
まで緻密に考えているそうです。
とはいえ、図面通りにぴったりと作ってしまうと、
木材が湿度の変化で膨張・収縮してしまうことも。

フレーマーさんたちの職人技で、1本1本建材を見極めて、
木の収縮も予測しながらフレームを作っていきます。



仮に職人さんが1人でフレームを作ったとすると
1棟の2×4住宅のフレームを作る期間はおよそ1か月。
3人で手分けしてフレームを作るなら1、2週間でできてしまう計算になります。

出来上がったフレームは、トラックに載せられて上棟現場へ出発です!







上棟現場のレポートも後日お届けします。どうぞお楽しみに(^^)


2018/06/21