スズキハウス公式ブログ
私たちの家づくりの思いやこだわり、施工事例やお客さまの声などなど・・・
皆さまに楽しみながら読んでいただけるよう、スズキハウスの魅力を公式ブログでお伝えします♪
株式会社スズキビジネス 住宅事業部
〒431-0201
浜松市西区篠原町21339(しのはらプラザ3F)

今日から北海道札幌市では「さっぽろ雪まつり」がスタート。
テレビのニュースなどでも、大きな雪像が街中に登場する様子が取り上げられる札幌市。札幌の観光名所といえば「さっぽろ雪まつり」ももちろんですが、札幌時計台です。白い壁に赤い屋根が可愛い札幌時計台も、実は2×4工法で建てられていると知っていましたか?
 

 
札幌時計台が建てられたのは、明治11(1878)年のこと。
元々は、旧札幌農学校の演武場として作られ、1階部分は講義室や研究室に、2階は体育の授業の場所として使われていたそうです。
 
2019年現在、築140年以上経っていのですから、2×4工法の強さがわかる例と言えますよね。体育の授業にも使われていた2Fには、なんと375平方メートルもの広さがある大ホールがあり、これができるのも枠組み工法だから、と言われているんです。
 
世界の木造住宅のスタンダードとも言える2×4工法の歴史的建築物は、札幌時計台以外にも、帝国ホテルの旧本館設計を手掛けたフランク・ロイド・ライトが設計した東京・池袋の「自由学園 明日館」(大正10年建築)など、日本各地にあります。
 
明治時代に日本に渡ってきた2×4工法が、今もなお支持されているのは、やっぱり面で支える構造の強さと施工性の高さからきているのではないでしょうか?
 
札幌時計台のような家が作りたい!と思った方はスズキハウスの注文住宅で、2×4工法のマイホームを作ってみてはいかがでしょうか(^^)/


2019/01/31

太陽光発電と、節水・節電設備でエネルギーを賢く使うFALO eco(ファーロエコ)や、2×4工法の利点を最大限に生かした自由度の高い大空間が広がるViplatⅡ(ヴィプラⅡ)のモデルハウスをご見学いただける、スズキハウス伊場展示場。
今日は伊場展示場を飛び出し、新幹線好きさんにオススメの、レアスポットをご紹介します!
 
それはいったいどこかと言うと…、伊場展示場から歩いて8分ほどの、とある踏切。JR東海の浜松工場へと伸びる線路と道路が交差する場所です。
 

 

 
実はこの踏切、東海道新幹線を走る新幹線車両が自走して通過する、全国でたった1つのスポット。残念ながら歩いてみたこの日は、小一時間ほど待ってみましたが新幹線が通る様子は見られませんでした。
 
新幹線車両の検査や整備をするために新幹線が通過するそうですから、偶然見られたらラッキー!
ドクターイエロー以上にいいことがあるかもしれません。
ドクターイエローがこの踏切を通ることもありますので、その光景に出くわすと、いいことが何倍にもなるかもしれませんね♪
 

 

 
…と話は逸れましたが、新幹線車両が見られないか諦めきれずに工場周りをぐるっと歩いてみると、工場内の検査棟内に「N700」の文字が書かれた新幹線車両が!また、検査棟の外には車両の一部が置かれていました。
 
スズキハウス伊場展示場にお越しの際は、ほんのちょっぴり遠回りしてこの踏切を通ってみてはいかがでしょうか?
運が良ければ、踏切を自走する、現行の新幹線車両や最新型のN700Sの試験走行風景と出会えるかもしれません!
 

 
踏切の場所を知りたい!という方はお気軽にスズキハウス伊場展示場のスタッフまでお声がけください(^^)


2019/01/29

マイホームの購入は、住宅ローン審査やローンの申し込みなどいろいろな手続きが多いもの。やっとマイホームが完成して住み始めてホッと一息…と思うのはちょっと待った!「確定申告」のこと、忘れていませんか?
今日はマイホームと確定申告について、解説します!
 

 
住宅ローンを組んで家を購入した翌年に行える確定申告は、住宅ローン控除を受けるために必要な手続きです。
住宅ローン控除は、年末のローン残高(上限4,000万円、長期優良住宅は5,000万円)の1%分(最大40万円)が所得税から控除される制度です。
 
例えば、所得税の納税額が控除の上限となるので、ローン残高の1%分が所得税額より多ければ、その年の所得税はゼロに。
会社員の方であれば、確定申告は、最初の1回目に申請すればあとは年末調整で対応できます。面倒臭いな、と思われるかもしれませんが、書類さえ揃えれば、手続き自体はそれほど難しくないのでご安心を♪
 
昨年家を購入された方なら、秋頃に銀行から「年末借入残高証明」という書類が送られてきているはずですから、ぜひ忘れずに確定申告、してくださいね!
 
ちなみに今年の確定申告期間は2019年2月18日から3月15日まで。
初めての確定申告という方は、書類準備などに意外と時間がかかる可能性もあります。直前になって慌てることのないように、今から準備を始めておくといいでしょう。


2019/01/24

ライフスタイルの変化に伴い、マイホームを建てる際に「和室なし」の選択をする方が増えています。その理由は様々ですが、“ザ・和風”な空間となってしまう和室はなんだか家の雰囲気に合わないからという方も少なからずいらっしゃいます。
その一方で、茶室のような本格和室や、それとは正反対のレトロモダン・アバンギャルドな和室などデザインや空間づくりの工夫で個性ある和室づくりを愉しまれる方も増えています。
スズキハウスのお客様のなかにも、最初は「畳部屋はあったほうがいいかな…」くらいの気持ちで和室を考え始めたものの、だんだんモデル棟や建築実例をごらんになって「もっと個性を取り入れたい!」と和室計画にこだわり始める方も!和室のプランニングは、家づくりの中でも個性を出せる楽しいプロセスなのかもしれません。
 

 
例えば和室には欠かせない“畳”選びもその一つ。
昔は縁(へり)のある長方形の畳が一般的でしたが、最近では琉球畳と呼ばれる縁のない正方形タイプの畳も増えています。 
 

 
素材も、い草ではなく和紙を使ったものなどバリエーションが実に豊富♪
畳の色もグリーンだけでなく黒や赤、グレーなどカラフルです。同じ和室空間でも、畳の素材にこだわるだけで空間の雰囲気がガラッと変わり、リビングやダイニングとの統一感も生まれます。
 

 
スズキハウスでは、分譲住宅のほとんどで和室のある間取りを採用。現代のライフスタイルに合った和室空間をご提案しています。
「和室はいらない」と考えている方も、一度モデルハウスや見学会で和室空間をチェックしてみてはいかがでしょうか?
 

 
もっと畳について知りたい!という方は、お気軽に最寄り営業所までお問い合わせください(^0^)/

2019/01/22

IHか、ガスか…。迷う方も多いコンロの選択。最近ではガスもIHも進化を遂げています。スズキハウスのお客様からも「どっちがいいのかな」とご相談いただくことがよくあります。
そこで今回はサーラプラザ浜松さんにご協力いただき、ガスコンロとIHコンロを比較してきました♪
 
サーラプラザ浜松さんには、最新のガスコンロとIHコンロを使って、違いを学べる体験コーナーが用意されています。
 

今回見せていただいたのはガスコンロとIHクッキングヒーターでのクッキング比較!
 
例えば、フライパンに同量の水を入れ、同時に加熱をはじめた場合。
違いは一目瞭然。同時に加熱を始めると最初に沸騰が始まるのはIHコンロでした。
 

同時に加熱を始めると、最初に沸騰しはじめるのはIHコンロ。フライパンの中心部分から沸騰しはじめます。
 
一方で、ガスコンロでは沸騰が始まるのはIHコンロよりも遅かったものの、フライパンに入れられた水が満遍なく沸騰しています。加熱方法の違いで、水の沸騰の仕方にもこんなに違いがあるんですね!
 

IHよりも時間がかかる一方で、満遍なく沸騰しているのがガスコンロ。お湯の沸き方にも違いが!
 
次に見せていただいたのは餃子の調理比較。
冷凍餃子を同じ火力・時間で加熱した場合。どちらも美味しく出来あがったのですが、焼き目のつき方が違っていました。
 

同じ時間で餃子を焼くと…見た目がこんなに違う仕上がりに。どちらがガスコンロで調理したものでしょうか? 
 

正解は、満遍なく焦げ目がついているのがガスコンロで調理したもの。IHコンロは焼き目にムラがあるのがわかります。お味は…どちらも美味しい!
 
最新のガスコンロとIHコンロ。タイマー設定やレシピ毎にモード設定ができるのは同様。
どちらの方がいい!とは結論は出せませんでした(^^;)
 
 
使い心地や、ライフスタイルによって好み・正解が異なるコンロのタイプ。
実際にガスコンロとIHコンロの使い勝手を比較してみたい方は、ぜひサーラプラザさんで体感してみてはいかがでしょうか?
 
「体験してみたい!」という方は、スズキハウス各営業所にお問い合わせください。
 
 
=サーラプラザ浜松info==
「クッキング体験」(所要時間 60分〜)
 
●開催時間:10:30〜、13:30〜、15:30(要予約)
●場  所:浜松市東区西塚町200
●予 約 先:0120-203-226
※ご予約時に「スズキハウスのSNSを見て」とお伝えいただくとスムーズです。


2019/01/17

スズキハウスで採用している2×4住宅は、地震に強い工法です。スズキハウスではさらに制振ダンパーなども取り入れ、より一層地震への備えを万全にしています。ところで、そもそもなぜ2×4住宅が地震に強いのか、考えたことはありますか?
 
自動車メーカーとして長年クルマづくりを続けているスズキグループのスズキハウスでは、家づくりに車の足回りに使われているサスペンション技術を応用して開発された制振ダンパーを採用。
ものづくりメーカーとして、確かな住まいの安心を技術と経験で作り上げてきました。
 
そんな私たちが採用している2×4工法は、高いレベルでの強度が求められる飛行機などで用いられている「モノコック構造」の建築工法。
 

モノコックのイメージ図

※画像出典/日本ツーバイフォー建築協会
 
飛行機だけでなくスペースシャトルや新幹線、レーシングカーにも使われているモノコック構造は、外からの刺激を外皮(壁・床・天井)全体で受け止めて、支える構造です。飛行機やヘリコプターの胴体には、びっしりと鋲が打たれています。これは、外から力が加わった時に、1箇所に負荷がかかることなく、面全体で均等に力を支えることができるようにするため。
 

実際の住宅の外壁に釘を打った様子 

 
2×4工法の家も、6面体の箱型になっているので面全体で外からの力を受けて、力をバランスよく分散。まさにこのモノコック構造の工法で、変形しにくい強度の高い家となっているんです。
 
スズキの四輪車の多くでも採用しているモノコックボディです。
 
「モノコック構造に慣れ親しみ、信頼しているからこそ、モノコック構造の2×4工法を選んだ。」
 
スズキハウスが40年以上前に2×4工法を採用したのも、案外こんな理由だったかもしれません。強い構造で安心を支えているスズキハウスの家づくり。
もっと詳しく知りたい!という方は、ぜひお近くの営業所までお気軽にご連絡ください♪
 


航空機の胴体には、等間隔で鋲がびっしり

 
▶︎制振ダンパーについてはこちらから
「プロに聞く!制振ダンパーevoltz(エヴォルツ)開発秘話」
http://www.suzuki-business.co.jp/post/SUZUKIHOUSE/house2/59/


2019/01/15

今週末は成人式。マイホームを建てるときには小さかった我が子が、成人する日が来ると思うと、ちょっぴりさみしいような、それでいてうれしさも。
成人式・就職・結婚を経て孫も生まれたあとは夫婦でのんびり、自分たちの暮らしを楽しめる時期になります。
 
子育て重視で家づくりをしたころとは違って、コンパクトで暮らしやすい住まいの建て替えを検討されている方も多いかもしれません。今日は、成人式にちなんで、子どもが巣立った後のライフスタイルと住まいについて考えてみましょう!
 
子育て世帯の方の多くが選ぶのは、2階建ての住まいです。
1階にはリビングダイニング、2階に夫婦の寝室と子ども部屋というのがよくある間取りです。
 
多くの人がこのスタイルを選んでいる通り、同じ敷地面積で建てるなら、より広く使える2階建てのメリットは大きいですよね。
 
反対に子どもが大きくなった後、夫婦二人で暮らすならコンパクトな平屋の方が何かと便利。歳を重ねて階段の上り下りが大変になれば、自然と2階へ行く機会は減り、結局1階で生活を完結させたくなるというケースも珍しくありません。


 

 
最近、子育て世代の方にもじわじわ人気が広がっている平屋住宅は階段などの段差が少ないことから、老後のことを考えて暮らせる住まい。
スズキハウスでもバリエーション豊富な鉄鋼系モダムシリーズや自由設計が可能な木質系モダムウッドで、お客さまのライフスタイルにあった平屋をご提案させていただきます。
 
平屋のことならスズキハウスにおまかせください♪


2019/01/10

\スズキハウス新春フェアを開催します♪/
 
新年あけましておめでとうございます!
平成最後の年明けと思うと、感慨深い2019年の幕開け。皆様、大切な方やご家族とのんびりお正月は満喫できましたでしょうか?
 
こだわりの注文住宅や平屋など、お客さまの希望のスタイルに合わせてぴったりのマイホームをご提案するスズキハウス。
2019年も社員並びに関係者一同、より良い家づくりに向けて邁進してまいりますのでどうぞよろしくお願いします。
スズキハウスの公式ブログや、Facebook、Instagramを通じて、今年もちょっぴり楽しい役に立つ情報を発信してまいります。
「こんなことが知りたいな?」「こんな話をしてほしい!」などご要望があればぜひお気軽にコメント等でご連絡くださいね(^^)/
 
ということで!早速ではありますが楽しい新春イベントのご案内です♪
 
 
 
〜1/19・20開催〜
●スズキハウス2019新春大商談会♪●
 
新春1月19日・20日には、シンフォニータウン高丘、シンフォニータウン風の杜、シンフォニータウン志都呂東、シンフォニータウン高塚駅西の各分譲地で新春大商談会を開催いたします。
こだわりの分譲住宅をご見学いただけるほか、ご来場プレゼントにこの時期うれしい「コトコト土鍋」をご用意。
期間中にご成約いただいたお客様には家具コースや家電コース、カーテン・旅行券コースの中からお好きなコースをプレゼント♪
 
年の始まりに「今年はマイホームを建てるぞ!」と決めた方も、もちろんそうでない方も(^^)
お気軽に各会場まで足をお運びください。
 
今年も皆様にお会いできること、楽しみにしています(^0^)/


2019/01/08