スズキハウス公式ブログ
私たちの家づくりの思いやこだわり、施工事例やお客さまの声などなど・・・
皆さまに楽しみながら読んでいただけるよう、スズキハウスの魅力を公式ブログでお伝えします♪
株式会社スズキビジネス 住宅事業部
〒431-0201
浜松市西区篠原町21339(しのはらプラザ3F)

袋井市役所からほど近い、袋井市新屋に新しい分譲地をご用意しました!
袋井といえば、東海道五十三次の宿場町として古くから栄え、今でも袋井中心部は歩くと、当時の面影を感じられる街並みがあるエリアです。
今日は分譲地からちょっぴり足を伸ばして、袋井宿周辺を歩いてみたので、その様子をご紹介いたします!
 

 

 

 
東海道五十三次の起点である日本橋から数えて27番目。終点の京都・三条大橋からも27番目の宿場町となる東海道袋井宿。

かつては旅人のための旅籠も50件ほどあったと言われ、袋井宿の端にある天橋は、あの歌川広重が「出来屋の図」に描いた橋でもあるんですよ。
 

 
宿場を歩くと途中には、「東海道どまん中茶屋」や桜が美しい小道も分譲地で暮らすなら、天気のいい日は宿場町をのんびりとウォーキングするのも楽しいかもしれません。
 

 

 
また、そろそろ花の時期も終わってしまいますが、浜松から袋井市に向かう途中にある磐田市桶ヶ谷沼には、菜の花畑が広がる風景も。
昔の街並みの面影と、自然の織りなす四季折々の景色を楽しめる土地に暮らす日々。想像しただけでワクワクです!
 

 
今日ご紹介した新しい分譲地に関する資料は、東名袋井インターそばの袋井営業所にてご用意しています。また、詳細情報はまもなくスズキハウスHPにて掲載予定です。
 
春爛漫の光景を楽しみながら、スズキハウス袋井展示場にお立ち寄りいただけましたら幸いです!
 
>>スズキハウス 袋井営業所
http://www.suzuki-house.jp/fukuroiten.html


2019/04/25

オール電化&太陽光発電が搭載されたZEHの家は、環境だけでなく次世代の暮らしスタイルにも合わせて、IoT技術を導入した住まい。
 

 
1号地は、土地面積124.67㎡(37.71坪)、建物面積98.53㎡(29.80坪)の3LDK+WIC。土間収納、WIC(2.25帖)で収納力もたっぷりです。
 
2号地は、土地面積119.28㎡(36.08坪)、建物面積100.19㎡(30.30坪)の4LDK+WIC。広々としたワイドバルコニーは使い勝手も抜群です。
 

 

 

  

 

 
\特別イベントのお知らせ/
今週末、4月27日(土)・28日(日)・29日(月・祝)には、
今回ご紹介したシンフォニータウン泉分譲地にてスタッフが常駐しての特別イベントを開催します♪
 
スズキハウスのFacebook/Instagramのキャンペーンとして、カチカチアイスが食べごろに「とろけて食べごろアイススプーン」をプレゼント☆この機会にぜひご見学ください(^^)/
 
 
☆キャンペーン参加条件☆
特別イベント実施期間中にご来場頂き、こちらの投稿を「見たよ」で1本、いいねでもう1本、アカウントフォローでさらにもう1本。最大で合計3本プレゼントしちゃいます^^
 
※いずれもFacebook,Instagram両方でも1本とさせて頂きます。
※プレゼントはなくなり次第終了です。


2019/04/24

お出かけしやすい気候の4、5月。梅雨前にマイホーム探しに力を入れたいと思っている方にお知らせです♪
スズキハウスの新しい分譲地、シンフォニータウン泉に分譲住宅「ZEHの家」2棟がまもなく完成(^^)
 

 
今回完成したシンフォニータウン泉分譲住宅は、いずれもオール電化&太陽光発電が搭載されたZEHの家!
 

 

 
ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギーハウスの略で、太陽光でエネルギーをつくるとともに、断熱・省エネ性能を高めることで、おうちのエネルギー収支をゼロにする新しい住まいです。省エネ&創エネで地球にもお財布にもやさしいZEHの家は、これからの新しい住まいの形♪
 
国からも2020年までに標準的な新築住宅でZEHを実現させるべく、いろいろな施策が講じられているんですよ。
 

 

 

 
また、環境だけでなく次世代の暮らしスタイルにも合わせて、IoT技術を導入。
たとえば照明やエアコンを外出先でスマホ操作できたり、お家に訪問したお客様を外出先からスマホで確認したりすることもできるようになっています。日々進化するIoT技術は、住まいにもこれからどんどん取り入れられていくテクノロジー。これからますます増えていくであろう、IoT対応家電と組み合わせれば、利便性もさらにアップ!
スズキハウスではちょっと先取りして、シンフォニータウン泉にもIoTプラットホームを組み入れてみました(^^)
 
もちろん、家だけでなく周辺環境も充実。
シンフォニータウン泉のある、浜松市中区泉町2丁目は萩丘幼稚園やスーパーマーケットなどからも程近い便利なエリア。お天気のいい日には、ときおり空を飛ぶ飛行機や青空を眺めながらのんびり散歩をするのも楽しい場所で、子供達の未来を守るZEHの家での暮らしをはじめてみてはいかがでしょうか?
 
スズキハウスの分譲住宅は、ご見学・お問い合わせを随時受け付けています。
お気軽にスズキハウス高丘営業所(053-439-3110)までお問い合わせください(^^)/~
 
▼シンフォニータウン泉の詳細はこちらから♪▼
http://www.suzuki-house.jp/bunjyou/01-24.html
 
>>シンフォニータウン泉 1号地
http://www.suzuki-house.jp/house.html#s-izumi-1
土地面積:124.67㎡(37.71坪)、建物面積:98.53㎡(29.80坪)

 
>>シンフォニータウン泉 2号地
http://www.suzuki-house.jp/house.html#s-izumi-2
土地面積:119.28㎡(36.08坪)、建物面積:100.19㎡(30.30坪)


2019/04/23

ご入学・進学・就職・転職など新しいステージを迎えた方も多い春。スズキハウスでも、新しい分譲住宅「シンフォニータウン新所原駅南」2号地が完成しました(^^)♪
この度完成したシンフォニータウン新所原駅南は、JR新所原駅から徒歩約7分。浜松市内へも名古屋方面へもアクセスしやすい立地の分譲地です。今日は少しだけ、「シンフォニータウン新所原駅南」2号地をご紹介したいと思います!
 

 

 
そんな立地に建つ、シンフォニータウン新所原駅南2号地は、あたたかな陽の光をたっぷりと感じられる、南側全面バルコニー!3LDK+小上がり仕立ての畳コーナーや寝室にウォークインクローゼットもついた、使いやすい間取りの住まいです。
お日様がたっぷり当たる南面をすべてバルコニーとしていますので、洗濯物や布団干しもラクラク!
 

 

 

 
駐車スペースも3台分ありますので、ご友人やご家族が気軽に遊びに来られるのも嬉しいですね♪
 
シンフォニータウン新所原駅南の分譲住宅は、今回ご紹介した2号地に加えて、5月にはさらに3棟完成予定です!
全棟完成前でもご見学・お問い合わせ可能です♪
 
気になる方はお気軽に、スズキハウス高丘営業所(053-439-3110)までご連絡ください。
皆さまとシンフォニータウン新所原駅南でお会いできることを楽しみにしています!
 
 
▼シンフォニータウン新所原駅南の詳細はこちらから♪▼
http://www.suzuki-house.jp/bunjyou/02-02.html
 
>>シンフォニータウン新所原駅南 2号地
http://www.suzuki-house.jp/house.html#s-shinjohara-2 
土地面積:215.95㎡(65.32坪)、建物面積:97.71㎡(29.55坪)
 
●シンフォニータウン新所原駅南の周辺を歩いてみました!●
http://www.suzuki-business.co.jp/post/SUZUKIHOUSE/house2/86/

2019/04/18

新元号の発表や、紙幣のデザイン刷新など明るい話題が多い4月。改めて、私たちが暮らす日本という土地の歴史や良さを感じたという方も多いかもしれません。家族を作り、子供が生まれ、可愛い我が子がスクスク育つ、そんな家族の歴史を刻む場所を選ぶには、やっぱり街の暮らしやすさも大切です。
マイホームを建てようと思っても、なかなか理想的な環境・立地の土地が見つからないというのはよく聞く話。
自慢する訳ではないですが、当社では、よりお客様の暮らしを豊かに!という思いから、住宅だけでなく“街”そのものをつくっていることをご存知ですか?
今回は街づくりを計画する上で、私たちがこだわっていることについて、少しだけお話ししてみたいと思います。
 

 

 
例えば、通学やお買い物、通勤など家族が毎日使う分譲地内の道路。
テレビのニュースでは、住宅街の中を幹線道路の抜け道として使った車と歩行者との事故なども度々報道されていますよね。道ひとつ作るのも、こうした危険を取り除く工夫が必要です。
当社では、車がスピードを出しすぎないように、幹線道路の抜け道とならないように設計。道路の曲がり角も車の見通しが良くなるように区画の形も考えています。
 

 

 
お子様が外でも安心して遊べるように、歩行者専用の小径をつくるのも、暮らしやすい分譲地づくりの取り組みのひとつです。ときには、日当たりを考慮して、区画割を互い違いに配置したり、区画をひな壇状にしたりすることもあるんですよ。
 

 
大規模分譲住宅地は、同じ世代、同じライフステージの方が購入されることが多いため、子育ての悩みを相談しあえるママ友作りやご近所づきあいもしやすいというメリットが。
子育てをのびのびとした環境でしたいとお考えの方にも、喜んでいただける街をつくるために。
これからも、スズキハウスでは家づくりだけでなく、街づくりにもこだわってまいります(^^)
 

2019/04/16

今回は、スズキハウスで家づくりをお手伝いさせていただいたI様に、家づくりのこだわりや、住み心地についてお話を伺いました。
“大好き”に囲まれたシンプルモダンなデザインの住まいに暮らすI様が家づくりでこだわられたこととは一体どんなことだったのでしょうか?
早速インタビュー、スタートです♪
 

 
Q.家づくりでこだわったポイントは?
A.開放的な空間を作りたくて、1階をワンフロアすることにこだわりました。でも、ワンフロアにしようとすると収納スペースの確保が難しくなってしまって……。間取りプランを何プランも作りました。
大変でしたが、満足のいく間取りになったな、と感じています。
 
 
Q.家づくりで印象に残っていることは何ですか?
A.いよいよプランが決まって、地縄を張ったところを見ると「なんだか思っていたよりも小さかったかも」と、最初は心配もありました。
でも、躯体が組みあがって家が完成に近づくにつれて、だんだん理想通りのサイズだと感じるようになって…。
「次はどうなるのかな?早く見たい!」とワクワクしながら工事が進むのを見守っていたのがいい思い出です。
 
 
Q.住み心地はいかがですか?
A.好きな赤をキッチンカウンターや書斎、外壁などに使い、好きなものに囲まれた家づくりが叶ったので、テンションというか気持ちが上がって毎日が楽しいです。
好きなものに囲まれていると、仕事から疲れて帰ってきた日も、自然と気持ちが和んでくるのも嬉しいですね。
  
 
Q.これから家づくりを考えている方にアドバイスをお願いします。
A. 理想を諦めず頑張ってください!ということでしょうか。自分たちの理想は伝え続け、諦めないことが大切だと思います。
 
 
I様、素敵なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました!
 
 
 
【関連記事】
「お客さまのお宅拝見!豊橋市I様邸」
前半( http://www.suzuki-business.co.jp/post/SUZUKIHOUSE/house2/119/
後半( http://www.suzuki-business.co.jp/post/SUZUKIHOUSE/house2/122/

2019/04/11

「あなたの家、あなたらしく」をお手伝いするスズキハウスで家を建ててくださった、豊橋市I様一家の住まいは、和やかで心地よい時間が流れる素敵な空間。
赤が大好き!というI様のこだわりの住まいを拝見させていただきました!
 
前回(http://www.suzuki-business.co.jp/post/SUZUKIHOUSE/house2/119/)ご紹介したI様邸のリビングには、おしゃれさだけでなく暮らしやすさの工夫もたくさん。
例えばキッチンから勝手口へとつながる動線上には、買い置きの食品や生活用品もたっぷり収納できるパントリールームを儲け、家事ラクな動線に。また、階段はスキップフロアタイプとすることで、踊り場にお子様の勉強などにも使える書斎空間が生まれています。
階段下のデッドスペースも土間収納として活用されるなど、まさに無駄のない間取りはI様が何通りものプランの中から導き出した最適解。
 

 

 
2階の主寝室や子供部屋それぞれに、バルコニーが設けられ、家のどこにいても明るい日差しが差し込む心地よい住まいに仕上がっています。
 
「一生に一度の買い物だから“好き”をたくさん取り入れた方がいい」と話すI様。
キッチンやクロスの赤に合わせて、エアコンや冷蔵庫などの家電も赤系に統一されています。
 
大好きな色、大好きな家族、そして大好きな猫のラグ君に囲まれ過ごす時間は、家族の笑顔が生まれる時間。
マイホームが完成してからは、ご友人と自宅でワイワイ食事をすることも増えたそうです。
和やかな雰囲気に包まれたI様邸。好きをたっぷり詰め込んだ住まいは、まさに世界に一つだけの“マイ”ホーム♪
 
素敵な家づくりをお手伝いさせていただき、本当にありがとうございました!
 

 
【関連記事】
「お客さまのお宅拝見!浜松市南区I様邸」〜前半〜
http://www.suzuki-business.co.jp/post/SUZUKIHOUSE/house2/119/

2019/04/09

桜の開花シーズン真っ盛り。皆様は、もうお花見に行かれましたか?
浜松市でも、浜松城公園など町のそこかしこで、きれいな桜がうららかな春の訪れを告げています。四季のある日本に暮らす私たち。マイホームの周りにも、季節を感じるものがあると暮らしが豊かになる気がしますよね♪
 
スズキハウスの新・分譲地シンフォニータウン泉の周辺も、春を感じる風景が!
 
分譲地から徒歩1、2分の神社では、ソメイヨシノの古木が美しい花を咲かせていました。なんでもこのソメイヨシノ、神社の隣にあるお寺の住職さんのおじいさんが植えた木なんだそうですよ。
 
  
 
また、すでに満開の時期は超えてしまいましたが、近くの川沿いには河津桜があり、ソメイヨシノより一足先に、可憐な花を咲かせていました。
 
自宅から歩いて数分圏内で2種類の桜を愉しめる贅沢な環境にあるシンフォニータウン泉♪近くにはスーパーマーケットもありますので、お花見がてら歩いてお買い物に行くのが春の日常風景になるかもしれませんね!
 

 
季節を感じられ、のんびりとした時間が流れる街に佇むシンフォニータウン泉の分譲住宅は間も無く完成予定(^^)
完成の折には改めてご紹介させていただきますので、どうぞお楽しみに♪
 
 
▼シンフォニータウン泉の詳細はこちらから♪▼
http://www.suzuki-house.jp/bunjyou/01-24.html
 
>>シンフォニータウン泉 1号地
http://www.suzuki-house.jp/house.html#s-izumi-1
土地面積:124.67㎡(37.71坪)、 98.53㎡(29.80坪)
 
>>シンフォニータウン泉 2号地
http://www.suzuki-house.jp/house.html#s-izumi-2
土地面積:119.28㎡(36.08坪)、 建物面積:100.19㎡(30.30坪)
 

2019/04/04



   
スズキハウス の分譲住宅は、土地に合わせて最適な設計プランを考えて作っているこだわりの住まい。
4LDK +ウォークインクローゼットのシンフォニータウン篠原坪井26号地は、今人気のナチュラル&欧風テイストのインテリアとも相性バッチリ。
例えばLDKの建具は、グレーがかった水色でまるで海外の住まいのよう♪
リビングに隣接した和室にはたっぷり収納もあってとっても便利です。
  
玄関ホールにも、多くのお客様からご好評いただいている土間収納を設置。デザインだけではなく、収納力にもこだわっています。
2階へと階段を上ったホールは多目的スペース仕立てに。木目調の壁紙をあしらい、まるでカフェや雑貨屋さんのような雰囲気なので、どう使おうか考えるだけでもワクワク!
 
照明もちょっぴりこだわって、暮らしにささやかな楽しみを運ぶ空間となっています。書斎やお子様の遊び場、家事室として利用できるのはもちろん、花粉シーズンには部屋干し空間としてももちろんお使いいただけるなど、あると便利なスペース。
   
シンフォニータウン篠原坪井は、60坪超の広々敷地!車いじりが趣味の方はもちろんのこと、BBQ・ガーデニングなど、スペースが必要な趣味をお持ちの方にご好評です。
 
シンフォニータウン篠原坪井26号地は、随時ご見学いただけます。
今週末、4月6日(土)・7日(日)には、スタッフが常駐しての特別イベントを実施中♪
 
スズキハウスのFacebook/Instagramのキャンペーンとして、カチカチアイスが食べごろに「とろけて食べごろアイススプーン」をプレゼントしちゃいます☆
 

 
キャンペーン参加条件は、特別イベント実施期間中にご来場頂き、こちらの投稿を「見たよ」で1本、いいねでもう1本、アカウントフォローでさらにもう1本。最大で合計3本プレゼントしちゃいます^^
※いずれもFacebook,Instagram両方でも1本とさせて頂きます。
※プレゼントはなくなり次第終了です。
この機会にぜひご見学ください(^^)/


2019/04/03

緑豊かな土地が広がる豊橋市郊外の一画に佇むI様邸は、ダークグレーとシャインレッドのスタイリッシュな外観がひときわ目を引くこだわりの住まいです。
スズキハウスが家づくりをお手伝いさせていただいた、I様邸を今日はたっぷりご紹介いたします♪
 

 
道路に面した壁面の一部にシャインレッドのアクセントカラーをあしらったI様邸のコンセプトは「シンプルモダン」。
シンプルさの中にもI様らしさを感じさせる秘密は、随所にアクセントカラーとして使われている赤い色。赤は、I様の大好きな色なのだとか♪
外観だけでなく玄関ドアや、キッチンカウンターなどの赤が、メリハリある空間づくりを実現しています。
  
今年1月から新しい家族の一員となった、可愛らしい子猫のラグ君に誘われて、玄関ホールを抜けると、おしゃれなリビング空間が広がります。
 

 
キッチンの大きめのカウンターは大人5人ほどがゆったり食事できるスペースに。カウンターがダイニングテーブル代りとなっているため、リビング空間がたっぷり確保できています。
 

 
キャットタワーが置かれ、可愛らしい猫のラグ君の遊び場にもなっている畳スペースは、リビングの一角に。ソファでくつろぎながら、愛猫が遊ぶ様子ものんびりと眺められるリビングは、I様一家のお気に入り空間。
それもそのはず、I様の家づくりのこだわりは「1階をワンフロアにして開放的にすること」だったのだとか。
 
まさにI様の思い描いたプランが形になったリビングは、人も猫もゆったり過ごせる場所となっていました。
 
I様邸のお宅拝見は次回へと続きます。
どうぞお楽しみに!


2019/04/02