スズキハウス”神奈川 東京版” 千葉も行くよ☆
神奈川から東京まで!あっちに行ったりこっちに行ったり。
それからそれから、見たり聞いたり調べたり。
いろいろ紹介していきたいじゃーん!
最近は千葉にも興味津々!!
神奈川営業所
〒242-0015
神奈川県大和市渋谷7丁目12番地6
☆区画整理で住所変わりました☆
(旧住所:神奈川県大和市下和田971-2)
TEL:(046)269-7275 FAX:(046)279-1174

みなさんこんにちは。

神奈川営業所です。


東京都某所で建築中のハイ オフィスの施工中の写真を紹介しようと思います。




まず、基礎にアンカーが入っていますのでそれを鉄骨をボルトで固定していきます。

それから梁になるH鋼を1つ1つボルトで固定していきます。


すると・・・。


建物らしい形になります!!


さらに要所へ要所へブレースの取り付けをして、強度を増します。




この後、タイトフレームが溶接された部材の上部に折半屋根が乗ります。
写真忘れましたごめんなさい


折半屋根はガルバリウム鋼板でできており、耐候性や耐久性に優れた屋根になっています。


次の工程では、パラペットの取り付けや外壁の施工。それから内装。。

まだまだハイ オフィスの施工は続きます・・・。

紹介は次回できたらな、と思います。


以上、神奈川営業所でした。。。



神奈川から東京まで!
スズキハウス神奈川営業所
〒242-0015
神奈川県大和市下和田971-2
TEL:046-269-7275 FAX:046-279-1174
過去の記事はコチラ


2017/09/27

みなさんこんにちは。

神奈川営業所です。


今日は、鎌倉市由比ヶ浜に来ました


雨が降って、風も強く荒ぶる海

海のシーズンが終わって海の家も撤去作業をしていました。

鎌倉ってお寺だけじゃなくて、海もあるんですよ


ちょっと休憩がてら入ったローソンさん


なんだか他のローソンさんよりも看板が白い部分が多く、質素になってますね。


隣に三井のリパークさん(コインパーキング)もありまして


色が、グレーになっていました。(通常は背景黄色緑文字


こういった事例の背景には一部の都市に定められている『景観条例』というものがあるからです。

『景観条例』とは、良好な都市景観を形成することを目的とした条例になっています。


鎌倉市は、お寺や多くの自然が多く残されていてあまり大きなビルもありません。

景観を重視した街づくりを進めた結果に今の鎌倉市ができあがっているのですね。。


景観条例では、建物の大きさについても規制がありますが、「色彩」についても制限がある地域もあります。

鎌倉市につきましても景観条例第20条(3)にてそのような文言があり、それに基づいた建物でなければ建築できないようになっています。

(先ほどのローソンさんや三井のリパークさんも条例に基づいて通常の店舗と配色を変えていると思われます)


今回は景観条例をご紹介しましたが、都市によって様々な条例が定められています。

当然ですが、住宅や事務所についても規制があります。。


プランの提供をする場合に影響が出るので注意していかないといけませんね。



神奈川から東京まで!
スズキハウス神奈川営業所
〒242-0015
神奈川県大和市下和田971-2
TEL:046-269-7275 FAX:046-279-1174
過去の記事はコチラ


2017/09/14

みなさんこんにちは。

神奈川営業所です。


今日は、東京都下で建築中の『モダム』の現場に来ております。


こちらのモダムですが軽量鉄骨軸組ブレース構造になっておりまして、

建物の躯体が鉄骨でできています。

鉄骨造にすることにより、耐震性に優れた住宅になります。

また、躯体が鉄になることによりシロアリによる被害が少なくなるといった利点もあります。


こちら、カタログで『強靭な構造躯体』とうたわれている鉄骨になります。


これだけの鉄骨が壁の中に隠れているんです!

カタログでは見られない部分のご紹介になりました!!


他にも居住性を高めるための工夫がたくさんある

『モダム』


展示場にもありますので皆さん見に来てくださいね。

それでは失礼します。


神奈川から東京まで!
スズキハウス神奈川営業所
〒242-0015
神奈川県大和市下和田971-2
TEL:046-269-7275 FAX:046-279-1174
過去の記事はコチラ


2017/09/07