スズキハウス公式ブログ
私たちの家づくりの思いやこだわり、施工事例やお客さまの声などなど・・・
皆さまに楽しみながら読んでいただけるよう、スズキハウスの魅力を公式ブログでお伝えします♪
株式会社スズキビジネス 住宅事業部
〒431-0201
浜松市西区篠原町21339(しのはらプラザ3F)

夏は家庭菜園が楽しい季節です。
「マイホームの夢を叶えたら、トマトやナス、キュウリなどの夏野菜をお庭で育ててみたい!」と密かに妄想している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 

 
家庭菜園は、野菜を育てる楽しみだけでなく、子どもに野菜ができる様子を教えてあげられたり、ちょっぴり食費節約になったり…といいことたくさん。
実がなる野菜ハードルが高そうという方も、鉢植えで育てられるバジルやミントなどのハーブならチャレンジしやすいかもしれません。
 

 
建売分譲住宅からフルオーダー住宅まで、お客様のご希望や予算に合わせた家づくりをお手伝いしているスズキハウス。
もちろん、ガーデニングや家庭菜園が楽しめる家づくりもおまかせあれ♪
 
マイホームでガーデニングを楽しみたい。家庭菜園をやってみたいという家庭菜園初心者さんなら、最初は1坪程度の土地を使って始めてみるのがおすすめです。
最初からあまり広い畑を用意すると、実は色々大変。家庭菜園といえども、夏の雑草対策や、収穫作業などに追われてしまうかもしれません。最初はプランターでチャレンジしてみたり、直植えするなら1坪〜2坪くらいの広さからはじめてみたりするのが良いでしょう。トマトやナスなどの苗を1本ずつと、バジル程度なら十分育てられます。
 

 
おしゃれな家庭菜園を楽しむなら、ウッドデッキなどがあっても素敵!
マイホームでの暮らしを楽しむ夢が広がってきたら…スズキハウスと一緒にその夢を叶えてみませんか(^^)♪


2019/08/19

花火大会シーズン真っ盛り!今週末8月10日も袋井市では全国の花火名人がその技を競い合う「袋井遠州の花火」が開催されます。花火師たちの技をたっぷり堪能できる花火大会として、例年多くの方が足を運ぶ「袋井遠州の花火」。夏の思い出に、と花火大会へのお出かけを計画している方も多いのではないでしょうか?
  
せっかく袋井の花火を楽しむなら、あわせてチェックしてみたいのが、8月末まで開催されている「遠州三山風鈴まつり」♪
夏らしい風鈴の音色に心癒される……という噂を聞いて、足を運んでみました。
  

  
「遠州三山風鈴まつり」は、法多山・油山寺・可睡斎、それぞれの境内に風鈴の音色が響き渡る、素敵なイベント。もともと、風鈴の由来はお寺のお堂などに吊り下げられていた邪気よけの風鐸(ふうたく)なのだとか。風鐸の音が聞こえる範囲は、災いが起こらないと言われるそうで、なんだかご利益もありそうですよね!
 
まず、足を運んでみたのが、有名な法多山。
長い参道と階段を上った先にある本堂にたくさんの風鈴が飾られていました。境内に入る頃には、どこからか、風鈴の綺麗な音色が!
お堂に入ると圧巻の数の風鈴一つ一つに、参拝者たちの願い事が認められた短冊が吊り下げられています。
 

  
法多山で風鈴を楽しんだら、名物の厄除け団子がついた厄除氷で一休みするのもオススメです。
 

 
お次に足を運んだのは、法多山から車で15分ほどの場所にある油山寺です。
目の霊山として知られる油山寺の山門をくぐると、青紅葉が美しい参道に江戸風鈴が並び、なんだか幻想的な雰囲気です。
 

 
豊穣や書院の周りには南部鉄器の風鈴が吊るされ、江戸風鈴とはまた異なる、美しい音色を奏でていました。
 

 
そして、最後に巡ったのは可睡斎!可睡斎の風鈴は、山門から本堂までの間に作られた風の小道になんと2,000もの風鈴が吊るされています。風鈴に人生の良縁を託す可睡斎のご縁日風鈴の横には蓮の花も咲き、とても美しい光景が広がっています。
 

 

  
お寺ごとに趣が異なり、それぞれ違った風鈴のある景色を楽しめる「遠州三山風鈴まつり」。いかがでしたか?夏の暑気払いに、袋井の花火前のお楽しみに…巡ってみてはいかがでしょうか?
 
♪分譲中♪
「シンフォニータウン袋井新屋」
 
袋井花火や「遠州三山風鈴まつり」も楽しめる素敵な土地でマイホームライフを始めてみませんか?
シンフォニータウン新屋は、袋井市役所からも程近い好立地。
気になる方はお気軽に、スズキハウス袋井営業所までご連絡ください♪
 
▼シンフォニータウン袋井新屋の詳細はこちらから▼ 
http://www.suzuki-house.jp/bunjyou/03-05.html
 
>>お問い合わせはこちら>>
スズキハウス 袋井営業所 
http://www.suzuki-house.jp/fukuroiten.html


2019/08/08

暑い日が続きます。皆様夏バテなどされていませんか?
スズキハウスでは夏の暑さにも負けず、袋井市のシンフォニータウン新屋にて新しいモデルハウス1-2号地の工事が着々と進んでいます。
 

 
最新機能を盛り込んだ、今回のモデルハウス。基礎工事から内装工事、外構工事…へと続く工程は、職人さんたちの丁寧な仕事により、次の職人さんへとバトンが繋がれていきます。
  
 
今回建設中のシンフォニータウン新屋1-2号地は、土地面積66.81坪・建物面積 38.07坪。最新の断熱材や、IoT対応、全熱交換気システムなど最新機能を盛り込んだ仕様を採用しています。
 

 
間取りはゆとりの5LDKですが、ウォークインクローゼットや土間収納など収納も充実させる予定です。
スズキハウスの家づくりの仕上げの良さや丁寧な作りを体感いただけましたら幸いです。
 
袋井宿の桜並木や袋井花火もよく見えるスポットからも近く、四季の移ろいを感じられるロケーションのシンフォニータウン新屋1-2号地は、秋頃完成を予定しています(^^)
建築途中のご見学や、お問い合わせももちろん大歓迎!
モデルハウスとしての予定をしておりますが、ご見学後に気に入っていただければ、ご購入いただくことも可能です。
 

 
袋井市役所からも程近いエリアにあるシンフォニータウン新屋。
1-2号地以外にも2区画の分譲土地をご案内しています。気になる方はお気軽に、スズキハウス袋井営業所までご連絡ください♪
 

  
 
▼シンフォニータウン袋井新屋の詳細はこちらから♪▼ 
http://www.suzuki-house.jp/bunjyou/03-05.html
 
☆今回ご紹介したシンフォニータウン袋井新屋1-2号地はこちら
http://www.suzuki-house.jp/house.html#s-araya-1-2
 
>>お問い合わせはこちら>>
スズキハウス 袋井営業所 
http://www.suzuki-house.jp/fukuroiten.html 
 
 

2019/08/06

小さなハコのようなおうちに大きな夢を詰めて…♪
スズキハウスでは現在、ロードサイド店舗やミニショップ、趣味のアトリエにもお使いいただける三角屋根のおうち「S-CORE(エスコア)」を好評発売中です。
 
先日7月20日・21日も、スズキハウス高丘展示場にて『S-COREモデル棟オープン記念イベント』を開催させていただきました!
今回はイベント当日の様子をほんの少しだけご紹介いたします(^^)/
 
『S-COREモデル棟オープン記念イベント』では、人気珈琲店の「もとカフェ」さんや、スイーツが人気の「Lotus」さん、「菓子工房とあ」さんに、展示場内に完成した1.37坪・ショップタイプのS-COREを使っていただきました。
 

 
おかげさまでお天気もなんとか持ち、2日間開催できた今回のイベント。
S-COREをお使いいただいた皆さんは、POPやカウンターを素敵に活用されていました。S-CORE内には大人2人が入っても、フードの販売には問題なく動けるサイズ感。
 
カウンターのお客様との距離も程よく、ドリンクやスイーツ、お釣りなどの手渡しもスムーズ!実際に、出店いただいた皆様からは、「使いやすいし、サイズ感もちょうど良い」との感想をいただくことができました(^^)
快適にお使いいただけたようで、わたしたちも嬉しい限りです♪
 

 
ちょっとしたテーブルを出せば、S-COREの外に、こんな風にスイーツを販売することもできておしゃれなんですよ♪
 

 
カウンター前にはちょっとした屋根をつくっているため、万が一小雨が降ってもお客様が濡れずにお会計を済ませられます。
S-COREの周りにウッドデッキを設置して、ちょっとしたカフェテーブル&チェアを置くのも素敵です。
 

 
たくさんの方にご来場いただいた今回のイベント。
プチマルシェや体験教室もおかげさまで盛況でした!
 

 
ご来場いただいた皆さま、イベント出店にご協力いただいた皆さま、ありがとうござました!
スズキハウスではこれからも家づくりや暮らしをより楽しくするようなイベントを企画してまいります。どうぞお楽しみに♪
 

 

2019/08/01

スズキハウスの建売住宅や一部の注文住宅で採用している2×4工法(ツーバイフォー工法)は、壁・天井・床の6面が一体となって家を支える地震に強い工法です。
そんな2×4工法のトリビアを今日はクイズ形式でご紹介いたします!
 
2×4工法は、木造軸組構法と同じく木材を使う工法です。北米生まれの工法で耐力壁などの面で建物を支える工法のため、耐震性・耐火性・断熱性などが高いと言われています。
一方、木造軸組構法とは、柱や梁などの軸組によって、建物を支える家の建て方。2×4工法と違って、設計の自由度が高い工法で、日本で古くから親しまれてきました。
 
さて、ここでクイズです!
 
 
Q. 2×4工法と木造軸組構法、使う木材はどちらが多いでしょうか?
 

 
A. 答えは、「2×4工法」!
(一社)日本ツーバイフォー建築協会の調べによれば、2×4工法は、一般的な木造軸組工法と比べて、約1.3倍の木材が使用されているそうです。
木材は、熱伝導率が低く、コンクリートの約10倍の断熱性能がある素材。2×4工法にすることで、建物全体をすっぽりと断熱材入りの木材パネル(面)で覆うことができます。
そのため、夏場でも、エアコンで冷やした空気を外に逃がすことなく、快適な環境を作ってくれる2×4工法。
 

 
もっと2×4工法について知りたい!という方は、ぜひスズキハウスまでお問い合わせください(^^)♪
 
\2×4工法について詳しくはこちら!/
http://www.suzuki-house.jp/2_4_a.html

2019/07/30

長い雨の日々が終わり、梅雨明けが待ち遠しい今日この頃。
 
「家事ラク動線」「開放感たっぷり吹き抜け」など、多くのお客様から人気のこだわりをたっぷり詰め込んだ、お客様の素敵な住まいが完成しました!
大切にしたのは奥さま目線♪
家族のふれあいを育む間取り&光と風感じる和のテイストの住まいは、今大注目のスマートウェルネス住宅です。
 
そんな見どころたっぷりの住まいを、この度お客様のご厚意でみなさまにご見学いただけることになりました!
 
☆2日間限定☆--------------------
お客様の家 内覧会開催のお知らせ
〜WELCOME to our HOUSE〜
------------------<雨天決行>----
 

 
◎日時:7月27日(土)、28日(日) 10:00〜17:00
◎場所:浜松市中区龍禅寺町
○ご来場記念プレゼント「プレミアムスリムグラス 2客揃え」
(アンケートにお答えいただいた方にもれなくプレゼント!)
  
・お問い合わせ
スズキハウス伊場営業所(053-451-2280)
スズキハウス高丘営業所(053-439-3110)
 

 
 
 
水平ラインを基調とした重厚感ある上質な外観デザインのお住まいは、
玄関先には、趣ある坪庭が。LDKは22帖の吹き抜けで2階とつながる大空間に。
1回の和室やロフトなど和の空間もおしゃれに盛り込んだ住まいの形は、これから家づくりをご検討中の方の参考になる見どころたくさん(^^)
 
 
<性能面ではここをチェック!>
♪スマート(省エネ)+ウェルネス(健康)を実現する【スマートウェルネス換気システム】
♪1年中快適な空間をキープする全熱交換システム
♪人気の床暖房
 

 
 
<間取りはここをチェック!>
♪大空間リビングからいつも家族の存在を感じられる間取り
♪和室と繋げれば27帖の大空間になるLDK
♪1Fと2Fをつなぐ吹き抜け空間
♪読書やデスクワークに使える畳敷きのロフト
♪多少の雨でも安心のインナーバルコニー 
 
 

 

 

 
 
今週末は、スズキハウスのフルオーダー住宅で、マイホームの夢を膨らませてみませんか?皆様のご来場をお待ちしています!
 
 

 

  
 

2019/07/25

カリフォルニアテイストやインダストリアル調、ナチュラルな北欧テイストなど、お部屋のテーマに合わせたインテリアコーディネートを考えるのも、マイホームを建てる楽しみのひとつです。
今回は、浜松市南区卸本町にある「株式会社あつみ工房」の柴崎さんに、テーマごとのインテリアコーディネートのコツを教えてもらいました(^^)/
 

 
-スズキハウス(以下、[ス])
おしゃれな部屋づくりをしたいとおもったとき、やっぱり悩むのはカーテンや壁紙選び。
例えばカリフォルニアテイストのお部屋を作ろうと思ったとき、どんな風にコーディネートすれば良いのでしょうか?
 
-柴崎さん(以下、[柴])
夏らしいカリフォルニアテイストの部屋は、色ならブルー系や白などをベースにウッディな素材を組み合わせてみるのもいいですね。
同じウッディテイストでも、白っぽいものから色の濃いものまでいろいろあります。
また、色数は2色だけ、など限定せずに最低3色は使ってみましょう。オレンジなどアクセントカラーを入れると空間がグッと引き締まります。
 

 
-[ス]
子供部屋や寝室は、ヨーロピアン調にしてみたいのですが…。
 
-[柴]
それなら落ち着いたグレーがかった色調を使ってみるのもおしゃれです。アクセントカラーにピンクやパープルのクロスを部屋の1面だけ使ってみても良いでしょう。
  

 
-[ス]
人気の北欧テストにも憧れています!
 
-[柴]
北欧テイストは、ナチュラルさを求めて白やウッディ素材だけでまとめがちですが、明るいライトグリーンなどもポップでよく似合います。
クロスは気軽に張り替えできます(*)から、ぜひ冒険してみてほしいですね。
 
(*)あつみ工房さんでは、クロスの張り替え方法も教えてもらえます。
 

 
-[柴]
壁の色ももちろんですが、床の色も面積が広いので部屋の雰囲気を大きく変えるパーツです。
最近では、芝生のような質感や、石畳のようなデザインの床材もあるので是非楽しんでみてほしいですね。
子供部屋に芝生テイストの床材を貼って、公園のようにしてみても楽しいかもしれませんよ(^^)
 

 
今回アドバイスしてくれたあつみ工房さんは、“生活空間をリメイクする”をテーマに、見る・触れる・体験することができるインテリアのテーマパークを卸本町にオープンさせています。
クロスの張替え方法や、床の張替え方法なども教えてもらえますよ♪
あつみ工房さんに併設されているカフェで、美味しいコーヒーを飲みながら、どんなお部屋にしようか…とイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?
 
<あつみ工房information>
・住所:浜松市南区卸本町22番地
・URL: https://atsumikoubou.jp/atsumishop/ 
・定休日:毎週火曜、第2・4水曜
 


2019/07/23

スズキハウスから発売されている小さくてかわいいハコ「S-CORE(エスコア)」をご存知ですか?
1.3坪〜2.3坪という必要最小限かつ絶妙なサイズ感。
「ここが自分の城」と考えるだけで嬉しくなるおしゃれなデザイン。
そして、ワクワクするくらい使い方無限大なS-COREはミニショップやアトリエ、ガレージなどにもぴったりな三角屋根のお家です♪
 
今週末は、スズキハウス高丘営業所でS-COREモデル棟オープンを記念して楽しいイベントを開催します!
S-COREモデル棟オープン記念として、限定3棟に限り特別価格でモニター販売も予定。詳細は、ぜひ当日会場スタッフまでお問い合わせください(^^)
 
 
<会場>スズキハウス高丘営業所
 住所:静岡県浜松市中区高丘東5-1-8
 定休日:火・水曜日
 電話:(053)439-3110
 
<イベント日時>
 7月20日(土)・21日(日) 10:00〜16:30
 

 
当日は、S-COREの使い方をイメージいただけるよう、実際にS-COREを使ってもとカフェさんの美味しいコーヒーの販売(7/20・21両日)や、Lotusさん(7/20限定)、菓子工房とあさん(7/21限定)のスイーツを販売♪
 
別のモデル棟では、ハーバリウム作り(7/20限定)、はた織り体験(7/21限定)やお灸教室(7/21限定)などのワークショップも予定しています。
 
他にも、子供服や雑貨などの素敵なプチマルシェを開催予定!
 

 
体験教室のお問い合わせ・ご予約は以下までメールにてご予約ください。
皆様のご来場を、スタッフ一同お待ちしています!
 
♪S-COREモデル棟オープン記念・体験教室ご予約先
→ メール suzukihouseinfo@suzuki-business.co.jp
※件名を「体験教室予約問合わせ」としてお送りください。
※お問い合わせ期間:〜7/20(土)AMまで
 
☆S-COREについて詳しくは公式HPから
http://www.suzuki-house.jp/score.html
 

 
blog
http://www.suzuki-business.co.jp/post/SUZUKIHOUSE/house2/137/
 

2019/07/18

ぐんぐん気温が上昇して、すっかり夏の今日この頃。
エアコンを使うときは、少しでもエアコンの効きを良くして省エネ&電気代節約につなげたいところですよね。
スズキハウスの家づくりでは、断熱性能に優れ、地球に優しい素材「高性能グラスウール」を断熱材として使っています。低燃費な住まいを実現する、高性能グラスウール。
その性能や特徴を今日は少しだけご紹介してみたいと思います。
 
 
>>高性能グラスウールとは
 
スズキハウスでは、2×4住宅をはじめ家づくりにおいて、壁や天井に使い続けてきたグラスウール。
 
経年変化の少ないガラスを原料とした劣化の少ない素材で、細かな繊維が複雑に絡み合ってできています。繊維と繊維の間に空気がたくさん入ることで、住まいの断熱性能、消音性能を高めているんです。
スズキハウスでは、密度の高い素材を選び、使っています。
 
 
ところで、ちょっとしたニュースなんですが、この度、スズキハウスの断熱材をより性能の高いものにグレードアップしました。
 
 
>>どこで、どんな風に使われているの?
 
さて、この高性能グラスウール。
どんな風に床下や壁・天井に使われているかというと、壁パネルのスタッド(縦向の構造材)の間に厚さ89mmのマット状のグラスウールをきっちり隙間なく押し込み、湿気の影響を抑えるために、厚いビニールフィルムでカバーしています。
 

 

  
 
天井部分は、耐熱フィルムがプラスされた、厚さ155mmのグラスウールを使用して、遮熱性を高めるようにしています。
 

  
高い断熱性能を誇るだけでなく、防音性にも優れた高性能グラスウール。
室内工事が始まると、すぐに見えなくなってしまう建材ですが、見えないところにも妥協せず、快適な住まいを追求するスズキハウスのこだわりです(^^)


2019/07/16

スズキハウスの家づくりを支える職人さんたちに仕事のこだわりや想いを聞く、「職人さんインタビュー♪」。今回は、前回に引き続き(株)庭どうらく工房の渡瀬賢司代表に話を聞きました。
インタビューをしたスズキハウス伊場展示場のモデルハウス外構も手がけた渡瀬代表。今回は、スズキハウスの特徴や、想い出深かった仕事などを聞きました。
 

 
Q.いつも仕事で心がけていることは?
 
A.造園・外構工事の仕事はずるい仕事だな、と思うんです。
家はたくさんの職人さんの仕事があってこそ完成するもの。中には、基礎や躯体など完成したら見えない部分もあります。
でも、外構工事や庭づくりは、家の一番良く見える部分を担当するじゃないですか。いいとこ取り、と言ったら語弊があるかもしれませんが、ありがたいことだなと思うんです。
だからこそ、仕事はきっちり丁寧に。10年先、20年先のことも考えて植物を選定したり、ポストの位置や塀の高さなど使いやすい配置を考えています。
 
特にスズキハウスの仕事は、大型分譲地も多いので、外構は街の景色を作る責任ある仕事。外構がでしゃばってはいけないですが、だからと言って全くしないのは論外。
家ごとに少しずつ違うデザインテイストに合わせて外構や庭を作り込みながらも、街並みに統一感が出るように、と心がけています。
 
Q.スズキハウスの家づくりで思い出深かった現場は?
 
A.どの現場も思い出深いですが「きらりタウン浜北」の家はチャレンジングな現場でしたね。石積み(*)という庭づくりの中でも難しくて手間のかかる技法を使った外構工事をさせていただいて…。
石積みは技術力がないとできない仕事。そんな仕事を任せていただいたことにやりがいと嬉しさを感じました。
 
 
(*)石積み:石材を積み上げて外壁などを築造すること。きらりタウン浜北では、コンクリートを使わないで仕上げる石積みで仕上げています。
 

 
Q.スズキハウスの家づくりの特徴は?
 
A.スズキハウスは、注文住宅だけでなく建売分譲住宅でも、立地条件に合わせて家ごとに間取りなどが違います。それぞれの現場に合わせて、最適な外構や庭を作っていくのが面白くもあり、大変なところかもしれません。
デザイン自体に派手さはないかもしれませんが、長く暮らすことを考えて使いやすく作られている家だな、といつも感じます。
外構や庭も、それに合わせて住まう方が使いやすく、心地よく過ごせる形を追求しています。
 

 
ときには室内からの景色も考えて植栽していく、(株)庭どうらく工房さん造園・外構工事には、スズキハウスでも大きな信頼を寄せています。
お引き渡し後の庭の管理やカーポート増設などの相談もできますので、ぜひお気軽にお声がけくださいね!
 
 
☆庭どうらく工房のウェブサイトはこちら
http://www.niwadouraku.jp/
  
▼こちらもチェック!スズキハウスの職人さんインタビュー♪▼
http://www.suzuki-business.co.jp/post/SUZUKIHOUSE/house2/72/
 

2019/07/11
21件 ~ 30件を表示( 全171件中 )
 
次ページ >
 
[ 1 ] [ 2 ]  3 [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ]
 
< 前ページ