スズキビジネス石油事業部ブログ
石油事業部は、ガソリンスタンド・潤滑油・工業用ガス・ホームエネルギーを取り扱っております。
笑顔で、地域に愛されるお店づくりに励みます!
石油事業部
〒431-0201 
静岡県浜松市西区篠原町21339
TEL 053-448-6821
LPガスって何の略?

皆様こんにちは

ホームエネルギー担当横山です。


今回は普段使っているエネルギー ”LPガス”について

みなさんどのくらい知っていますか?


私自身、恥ずかしながら、担当になるまでほとんど知りませんでした。


ご家庭で安全にご利用頂く為、LPガスについて

少しでもご理解いただけたらと思いまして

ちょっと掘り下げてご案内していきます。


☆LPガスとは?

LPガスとは、石油ガスを液化したのもで、

液化石油ガス( Liquefied Petroleum  Gas ) といいます。

この頭文字をとって LPG = LPガスとなります。

LPガスの主成分はプロパン(C3H8)が多くを占めるため、

LPガスはプロパンガスとも呼ばれています。

また、ライターやカセットコンロに入っている液体は、

ブタン(C4H10)と呼ばれる成分でLPガスの一種です。


家庭以外で使用されるLPガスとして、

アウトドア用携帯コンロ

タクシーの燃料

フォークリフトの燃料

スプレー缶などがあります。


分かりやすい例を挙げてみましたが、

他にも工業用燃料として、生活に直接関わらない部分でも

数多く利用されています。


☆LPガスは重い?

気体のLPガスは空気より重く、空気の1.5倍~2倍になります。

この為、ご家庭などでLPガスが洩れた場合は、床面をはうように広がり、

低い場所に溜まる性質があります。

一方、都市ガスは空気より軽く、洩れた場合は,

天井の方へ溜まって行く性質があります。


ご家庭にガス漏れ警報器がある場合、

足元に警報器がついている場合はLPガス用の警報器、

天井付近についている場合は都市ガス用の警報器です。



☆LPガスのにおい

LPガスは本来においはありません。

しかし、ガスが洩れた時にすぐ気づくように、着臭剤で

ガス特有のにおいをつけてあります。

もちろん都市ガスにも、においをつけてあります。


ガス着火時や消化時に、においがすることがありますが、

ガスを使うことで容器の中のガスが減り、

容器の底にたまった着臭剤の濃度が高くなるためで、

安全上の問題はありません。


☆LPガスの性質


LPガスは常温・常圧では気体ですが、常温で低い圧力(1MPa以下)を

掛けることによって簡単に液化されることができます。

また、ブタンは常圧における沸点が-0.5℃と高く、低温にすることでも液化

させることができます。

容器内のLPガスは圧力を掛けて液化されており、通常は自然気化させて

しようします。

寒冷地等では、強制気化装置(ベーパーライザー)が必要になることもあります。


LPガスは液体になると、体積は気体の時の約250分の1になります。

輸入する時はタンカーで、ご家庭にお届けする時には

ボンベに液体を入れ、効率よく運んでいるというわけです。




いかがでしたか?


LPガスの性質・特徴を簡単にご案内しましたが、

少しは身近に感じられましたか?


次回は ”緊急時の対応について” ご案内いたします。



2015/12/01