「リスク & ワンブレス♪」
保険事業部
世界が認めた!伝統の【潮干祭】 潮干狩りではありませんよ

5月の連休も過ぎてしまえばあっという間。

4月29日の連休初日に戻りたい…

なんて思いながら、世界に認められた伝統ある祭の情報をお伝えします。


場所は愛知県半田市(知多半島の北東部)

亀崎地区の【潮干祭】です。

2016年12月。ユネスコ無形文化遺産に登録された全国の「山・鉾・屋台行事」の一つ。

    

そもそも、ニュースでは聞いたことのあるユネスコ無形文化遺産とは?

ユネスコ←国際連合の専門機関の一つで教育・科学・文化の発展と推進を目的としています。

日本でいうと、富士山や姫路城などの世界遺産有形文化遺産に当たります。

対して無形文化遺産とは民族文化財や口承伝統などの無形のものを対象としているようです。

能楽歌舞伎などまさに伝統芸能!)

最近では「和食 日本人の伝統的な食文化」が登録され、日本食の特集がテレビで取り上げられましたよね。

2016年の「山・鉾・屋台行事」登録の際、青森の三社大祭や京都の祇園祭の山鉾が取り上げられましたが、

なんと愛知県には「亀崎潮干祭」を含めて5件も認定されているのです。

33件の中の5件。好成績すぎます☆

 (残念ながら静岡県はゼロのようです…)

5輌の山車にはそれぞれ精緻な彫刻豪華な幕類・からくり人形などによって装飾され、見ているだけでも芸術です。


さらに、水しぶきの中、美しい5輌の山車が悠然と進む姿は圧巻との事。


祭りの風格と伝統が300年もの長い間、受け継がれてきたんですね。

5月3日・4日。 「亀崎潮干祭」

浜松まつりも良いですが、参加できない地区の方にオススメです!

また、5輌でも充分華やかですが、5年に一度、半田市の山車31輌が集まるとの事。

なんと平成29年は大当たり

10月7日(土)、8日(日)。

秋のお出かけプランの一つとして、いかがでしょうか

2017/05/10