スズキハウス中の人非公式
入社2年目のひよっこ社員が、お仕事で学んだことや日々の何気ない出来事を、ゆるやかにお伝えしていきます。
スズキハウス 【本社】
〒431-0201
静岡県浜松市西区篠原町21339
TEL . 053-449-2320

営業推進部のろくちゃんです

今日は台風一過で抜けるような青空になりました

てるてるくんが頑張ってくれたおかげかもしれません。

 

   

さて、肝心の工事の様子ですが、前回紹介したバルコニーが完成していました!

 

   

そして二階部分の天井や壁には「断熱材」が充填されていました

(スズキハウスでは、滝本美織さんが出演されているCMでお馴染みの「アクリア」という高性能断熱材を採用しています。)

右の写真のように、アクリアはフィルム内に断熱材がパックされているので、経年で下にさがることはありません。

また、通常天井と壁には同じ厚さ(89mm)の断熱材を使用しているのですが、このZEHの住宅では断熱性能を更に上げるため、天井の断熱材に厚さ155mmのものを使用しています。

 

 

ほかの居室を見に行くと、断熱材の上にピンク色の板が取り付けられていました。

これは「石膏(せっこう)ボード」といって、断熱や遮音・耐火の役目を果たす内装材です。

このほかにも壁や天井の裏側にたまりやすい有害物質(ホルムアルデヒド)を吸収・分解してくれるといった特徴があります

 

この石膏ボード、近くによってみると、等間隔にビスが打たれています。

そして外壁(右写真)も同じように、室内よりも少し広めに釘が等間隔に打たれています。

 

   

外壁の写真をアップしてよくみてみると、釘にもついていますね。(大工さんの趣味かな…?)

 

それでは、ろくちゃんでした


2017/09/18

こんばんは!営業推進部のろくちゃんです

現在台風が接近しています。

大工さんからアドバイス頂き、てるてる坊主を玄関に吊り下げてみました!

今後の天候祈願も含めて、てるてるくんにはがんばってもらいたいな~と思います


 

 

さて、余談はこれくらいにしておいて、今日の工事の様子へ移ります


 

今日は二階バルコニーで工事が行われていました!

左の写真は朝の様子で、下地となる防火材を敷き詰めています。

午後には、防水工事が行われました。

船にも使われているグラスファイバーを駆使して、軽くて丈夫なバルコニーを施工していきます。

 

    

バルコニーの写真を撮影している間に屋根屋さんが到着!

これから屋根材を並べて屋根を葺()いていくようです。

 

右の写真は、一階LDKの天井の様子です。

黒い物体が取り付けられていますが、これは二階での足音などの生活音を緩和する内装建材です。(防震吊具(ぼうしんつりぐ)といいます。)

家族の集まるLDKをより快適な空間にするために、スズキハウスでは標準採用しています

 


それでは、また来週のブログで!ろくちゃんでした~





2017/09/15

こんばんは!

営業推進部のろくちゃんです

ZEHの現場ですが、先週の金曜日に上棟し、建物の輪郭が出来上がりました!

すっかり、建物の雰囲気がでてきましたね

 

 

しかし、私が所用でしばらく現場へ行けずにいた間に、なんとグレーの幕で覆われてしまいました。

建物が完成する直前までは、外観はしばらくこの状態となるようです。(変わりばえせず残念ですね…)

 

   

建物に近づくと、外壁のパネルに、細長い金物が各所に取り付けられてありました。

(金物の下がぷらぷらとしていますが、屋根材を載せて建物全体に重しをかけてからすべて固定するそうです。 )

 

   

また、基礎から伸びている金物と、壁パネルががっちりと固定されていたり…(これをホールダウン金具といいます。)

間仕切りの上下にも金物を発見しました!(撮りきれないほどたくさんありました)

 

耐震強度を高めるために、このように多くの金物を設置しているらしいです

 

   

前回、コンセントや照明のスイッチの配置をマーキングしたところには、電気の配線とボックスが取り付けられていました。

屋根には、専用の防水シートも張られ、現在は屋根材の到着を待っている状況です。

 

それではろくちゃんでした~


2017/09/13

こんばんわ!営業推進部のろくちゃんです

昨日の夜、浜松では突然の大雨が降りました。

大事な工事が控えているのでドキドキしていたのですが、夜中のうちに通り過ぎたようで

朝現場にいくと、とても綺麗な青空で安心しました

 

お天気もばっちりということで、レポートへ移りたいと思います!

 

さて、今日は「上棟(じょうとう)」の日です。

上棟とは、屋根の一番上の部材「棟木」を取り付けることをいい、簡単にいうと「建物の骨組みが完了した」ことを指します。

今日はたったの一日でこの上棟の作業を行い、夕方になれば、あっという間に建物が姿を現します

 

なぜそんなに早く工事が進めることができるの??と不思議に思われている方がいらっしゃるかと思いますので・・・今日はいつもよりも細かく現場の様子をお伝えしていきたいと思います!


  

朝の7:45にはすでにレッカー車が稼働していました。(早い!)

昨日の記事の最後に書いた「二階の床」ですが、このレッカー車で敷地の空いているスペースに移動されていました。

工事がスムーズに進むよう、事前に床を作っておいたみたいですね!

(このレッカー車、実際はクレーン車なのですが、住宅業界ではレッカー車と呼ばれているそうです。理由はわかりません…。)


  

ほどなくして一階の部材が到着しました。

木材が、バラバラではなく、ちゃんと組み立てられています。

二階の床で、薄々気づかれていたかと思いますが…。

工事を早く進められる理由、それは、事前に部材の組み立てをフレーム工場で行っておくことで、現場では組み立てるだけにしているからなんです!(なるほどですね)


  

事前に組み立てられた一階の壁パネルがどんどん立ち上がっていきます。

昨日の二階の床も、再度吊るし上げられ、設計図通りの位置へ慎重に下ろし、組み立てられていました。

工事が始まって2時間半ほどで、一階の壁・二階の床の組み立てが完了しました!

 

  

休憩を挟んで、11時ごろから2階の壁パネルの作業が開始。

1時間で、二階の壁が立ち上がりました。

 

フレーマーさんたちがお昼休憩に入っている間、住宅建設部の山PことS君が登場

照明やテレビなどのコンセント、スイッチの位置等を確認し、お客様が使い易い配置になっているか、チェックが行われていました。


ここで一旦事務所へ戻り、仕事を済ませて、夕方ごろ現場へ向かったのですが…

突然お天気雨が降りました(狐の嫁入りですね)


  

屋根の一番上の部材の取り付けは済んでいたので、無事「上棟」は完了した模様です

住宅建設部の雨男Uさんも現場入りし、今日の工事が図面通り行われたかどうか、確認作業をしていました。

 

一日で建物の骨組みを完成させるメリットとして、建物が雨にさらされる機会を減らすことができます。(今回たまたま雨に降られてしまいましたが、ビニールシートでの養生が間に合ったので、ご安心下さい!)

また、事前に部材を組み立てておくことで、工事現場に木材を切る道具や機械などが散乱せずに、少ない機材と部材で合理的に工事を進めることが出来ます。

 

今回はちょっと長いレポートになってしまいました

最後まで読んでいただきありがとうございました!


それでは、ろくちゃんでした


2017/09/08

こんにちは!

お盆休みからお菓子を控えていたら、体重が少し減ってハッピーなろくちゃんです

 

久々に工事が開始したZEHの現場、天候が危ぶまれておりましたが…

いい意味で予報が外れ、順調に工事は進んでおります。

今日のブログは、5()本日の現場の様子をお伝えしたいと思います


  

5の朝、一階の床を作る工事が始まりました。

基礎屋さんとバトンタッチし、これからは家の骨組みを作り上げていくフレーマーと呼ばれる方々が工事を行います。

 

右の写真、中央は玄関の土間部分で、この基礎の周りには断熱材が囲うようにして取り付けられています。

(わかりにくいですが、黄断面シルバーの板が断熱材です。)

以前の記事でもご紹介しましたが、玄関土間に断熱材を使用することでより効果的に家の断熱性能を高めることができます

 

    

一階の床を支えるために、橋を渡すようにして木材を取り付けます。

これを大引き(おおびき)といいます。

この大引きに、大引きを支える役目を果たす鋼製束(こうせいづか)というものを取り付け、しっかり基礎と接着させ固定します。


 

そして、真っ白な断熱材が敷き詰められました。

断熱材がはめ込まれると、とってもとっても大きい障子みたいに見えますね

(実際は白はんぺんみたいにしっかりと厚みがありますが)

この後、この上に板と防水シートが取り付けられます。

 

さて、今日の工事の様子へ移ります!

    

お昼頃の様子です

建物の工事と同時進行で、足場が組み立てられていました。

そして、一昨日完成した一階の床の上で、なぜか二階の床を作っています。

 

明日、一気に工事が進みます!

二階の床のなぞはまた明日のレポートでお伝えしたいと思います。

それでは、ろくちゃんでした~


2017/09/07

こんにちは!営業推進部、ろくちゃんです

基礎の養生のため、ZEHの現場レポはしばらくお休みしていました

 

しっかりと2週間寝かせたことで、基礎が家を支えるために必要な強度に達したので、

ひさしぶりに現場が動き始めました。

   

お昼頃現場へ着くと、材料の搬入作業をしていました。

明日から床部分の組み込み工事が始まるようです!(わくわく)

 

それでは、ろくちゃんでした~


2017/09/04

こんにちは!営業推進部のろくちゃんです

最近、日が暮れると少し冷たくて気持ちの良い風が吹くようになり、秋の気配を感じます

 

ゆるやかに季節が移ろいでいくなか、ZEHの現場は現在基礎の養生中です

周辺をふらふらと散策していたところ、なんと「黄色い新幹線」をみかけました!

 

 

(急いで写真を撮ったので少しぶれてしまいました…(; ;))

 

この黄色い新幹線、調べたところ「ドクターイエロー」という愛称があり、この新幹線を見ることができると「幸せになれる」と言われているそうです。(ろくちゃんラッキーでした!)

名前の通りお医者さんの役目を果たす事業用の新幹線で、設備等の点検をするみたいです。

いつ走るかはわかりません

 

ZEHの家を建築中の分譲地からは、ドクターイエローを見る確率が増大するかも…(*^^*)

 

それではろくちゃんでした~


2017/08/29

こんばんは!営業推進部のろくちゃんです

 

基礎が完成したということで、養生期間に入り、基礎と一緒に眠りにつこうとしたのですが…

現場に少しだけ動きがあったので、今日もレポート任務を遂行します

 

  

お昼ごろ現場へ行くと、玄関土間と勝手口部分に、コンクリートが打ってありました。

 


さて玄関土間部分ですが、玄関ドアが設置される壁の内側に、なんだかちょっと厚手の板が…

なんとこれ、断熱材でした。

玄関基礎部分に断熱材を入れるのは珍しいそうで…これは今回のZEHの住まいならではの工夫なんです

玄関部分の断熱性能が少しレベルアップしました!

 

それでは、本格的に養生へ入ります…ろくちゃんでした

 


2017/08/25

こんにちは、ろくちゃんです

今日のお昼頃、温度計を確認したらなんと気温が36でした (体温と一緒…)

先週まで雨が多く、今年は早く涼しくなるかと思いきや、天気も回復して例年通り残暑は厳しそうですね。

 

それでは、お天気の話はこれくらいにして…今日もZEHの現場を覗いてみます!

 


型枠が外され、コンクリートが固まり、基礎が完成しています!

まだ細かい作業は残っているそうですが、だいたいの基礎工事は終了した模様です。(ぱちぱち)

38トンものコンクリートが固まっていて、中に大量の鉄筋が配されているんだなと想像してみると、

がっちりと丈夫な基礎が出来上がったんだな~と、感じられます。

 

 


立ち上がり部分の表面もとてもきれいに仕上がっています。(さらさら!)

 

  


基礎の角、通常直角であるはずの内側部分は、斜め になっています。

これは建物の角を強化するために、補強としてこのような形をしています。

この部分をコーナーハンチといいます。

建物が建つとこのコーナーハンチは見えなくなってしまうので、「見えないところも工夫した作りになっているんだな~」と、なんとなく覚えておいていただければと思います。(^^)

 

さて、これからしばらく養生期間に入ります。

基礎のコンクリートがしっかりとした強度になるまでおやすみさせてあげます。

 

ということでろくちゃんも基礎と一緒に養生したいと思います…

 


2017/08/24

こんばんわ!営業推進部のろくちゃんです

ブログの更新が滞ってしまっていました。(決してさぼっていたわけではないです…!)

今日からまた、はりきって工事の様子をお伝えしていきたいと思います(*^^*)

 

さて、ZEHの現場はというと…

「生コンクリ―ト打設」818日に行われました。

これは鉄筋が配された基礎枠に生コンクリートを流し込む作業です。

今日はその様子をご紹介していきたいと思います。

(なぜ今UPかという突っ込みはなしにしてください…!)

 

   

内側部分の型枠が取り付けられ、金物でがっちり固定してあります。

鉄筋も放置されたことによりいい具合に錆びて、準備万端といった様子です。

そして長くて太いホースが特徴的な、生コンを流し込むためのポンプ車も到着していました。

なぜ、このポンプ車がいるかというと、基礎の隅々までまんべんなく生コンを流し込む為だそうです。

この辺が道路工事と違う点ですね

 

 

今朝作りたての生コンを載せてミキサー車がやってきました。

今回の打設ではなんと5台分、およそ38トンもの生コンを使用!(驚きの量)

がっちり、家を支えてもらいます

 

   

ポンプ車のホースの先端を操り、基礎枠へ生コンを流し込みます。

炎天下の作業中、一生懸命頑張る基礎屋さんを応援しに、大きなショウヨウバッタが来ていました。

 

ここでセールストークですが、スズキハウスでは床部分一面に鉄筋コンクリートを配する「ベタ基礎」という種類の基礎を標準採用しています。(他に、壁部分に沿ったところのみ施工する「布基礎」という種類もあります。)

ベタ基礎は床全体で建物を支えるので、地盤沈下に強く、安定性があります。

更に今回は、コンクリートを一度に打つことで、立ち上がり部分と床面のつなぎ目をなくし、基礎の耐性を高める「一体打ち」という工法を行いました。

 

 

それではレポートへ戻ります


 

床面をきれいに均して、整えていきます。

この日も本当に暑く、立っているだけでも辛い中、大量の汗を流しながら基礎屋さんは黙々と作業をこなしていました。

(夏場は4時間ほどでコンクリートが乾いてしまうそうなので、時間との勝負なんだそうです。)

 

さて、暑さに参って11時ごろ、ろくちゃんは退散してしまいました…。(ガッツが足りないですね)

今回の打設の作業は約2時間半~3時間でほぼほぼ終えていたので、作業の速さに驚きです

 

基礎工事ですが、次回の記事で完結となります!

毎回現場に行くたびに新しい発見があり、現物を見ることの大切さを身に染みて感じます。

そろそろ基礎屋さんとはお別れなので、少しさみしいです…

 

それではろくちゃんでした~


2017/08/21
31件 ~ 40件を表示( 全45件中 )
 
次ページ >
 
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]  4 [ 5 ]
 
< 前ページ